読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢内 由美子のスポライ ワールド

世界を広く、人を深く、知りたい君へ。 好奇心が描く地図 by Sports Journalist Yumiko YANAI 祝!東京五輪

PM2.5祭りにおののいた北京の陣

PM2.5が300超え!

f:id:BQE04157:20150316191351j:plain

3月16日のことです。ACL取材で北京へ。

空気が・・・・

(※日本では指針値として、健康影響が出現する可能性が高くなると予想される濃度水準を1日平均値1立方メートル当たり70μgとしてます)

f:id:BQE04157:20150316125723j:plain

↑これは工人体育館。北京五輪のバスケット会場です。空気が白んでます。

↓サッカースタジアム工人体育場はこちら。体育館のすぐ隣です。

f:id:BQE04157:20150316123353j:plain

f:id:BQE04157:20150316123312j:plain

吸い込むのがためらわれるほどの白い空気でした。

そんな工人体育場には、スタジアム外周エリアを利用したジョギングコースが。

その名も「工体千米健歩走廊」

f:id:BQE04157:20150316124811j:plain

850メートルほどでしたが。

f:id:BQE04157:20150316124904j:plain

千メートル。

北京市内にはシェアサイクルがありました。
南寧のはほとんど使われていなかったけど、こうやって
歯抜けにはっているということは、北京では使われているということでしょう。

f:id:BQE04157:20150316125909j:plain

工人体育場近くのお店。おいしかったです。

f:id:BQE04157:20150316141045j:plain

f:id:BQE04157:20150316135057j:plain

f:id:BQE04157:20150316135506j:plain

とくにこのまんじゅうは美味!

 

2月、韓国の陣

2月25日、韓国・水原へ行って来ました。

仁川からバスで1時間半ほどでした。

バス代が6000ウォンと安かったです。

 

f:id:BQE04157:20150225172157j:plain

 

水原にはACLの取材で行きました。

 

f:id:BQE04157:20150225171841j:plain

なかなか上手くいかないですね。

f:id:BQE04157:20150225174935j:plain

最近、韓国は外国という感覚なしで出張に行くようになってる。

次にいくときは何か忘れ物しそう・・・気をつけなくちゃ!

2015年1月、オーストラリアにて!

昨年3月、サッカーアジア杯の日程が発表になったときから密かに小躍りしていました。

日本対ヨルダンの試合日程と、テニスの全豪オープン1回戦が被っている!

ということは錦織圭の試合も見られるではないか!

まずはサッカーアジア杯(^^)/

f:id:BQE04157:20150109083309j:plain

f:id:BQE04157:20150109083333j:plain

ごらんのように、日本の顔は香川真司本田圭佑

結果としては残念なベスト8でした。(T_T)

錦織圭選手@マーガレットコート・アリーナ

f:id:BQE04157:20150120095812j:plain

声出して応援しましたよ(^^)/

錦織選手の他にも、ナダル@ロッド・レーバーアリーナ↓

 

f:id:BQE04157:20150119124941j:plain

ワウリンカ@ロッドレーバーアリーナ↓

f:id:BQE04157:20150120120616j:plain

ジョコヴィッチ@ロッド・レーバーアリーナ↓

f:id:BQE04157:20150120132634j:plain

を観戦。チケットはマーガレット・コートが当日券65豪ドル、ロッド・レーバーが前売り購入75豪ドル。1回戦でもこのお値段。

男子トップ5のなかで、フェデラー以外の4人を見ることができて

ラッキーな2日間でした。

フェデラーはナイトセッションだったからサッカー取材の時間と重なっていけませんでした。できれば見たかったけど、2007年か2008年にジャパンオープンで見たことがあるので、まあいいか!という感じで。ちなみに伊達公子さんの試合もサッカー取材と重なっていたので断念)

 

f:id:BQE04157:20150120134736j:plain

2020年、東京は世界初の「2度目のパラリンピックを開催する都市」となる

明けましておめでとうございます。
ブログは3年目を迎えました。

今年もゆるいペースで発信していきたいと思います!

さて、みなさん、知っていましたか?

題名にもありますが、5年後の2020年、東京は世界初の「2度目のパラリンピックを開催する都市」になります。
健常者と障がい者がともに平和でやさしく暮らし合う、成熟した都市づくりは、

高齢者社会まっしぐらの日本だけではなく、世界中の先進国に共通したテーマです。

現状として日本のバリアフリーは欧州に比べて劣っています。

ニッポンドットコム掲載のコラム中で井口さんがおっしゃるように、「心のバリアフリー」が大事ですね。

「2020東京パラリンピック開催に向けて」はシリーズものとしてこれからも

順次掲載されていきます。気にとめていただけたら幸いです。


「大切なのは心のバリアフリー」長野大会バイアスロン金メダル・井口深雪さん | nippon.com

↓ニッポンドットコムの私の記事一覧です。

矢内 由美子 | nippon.com

中国・南寧のオドロキその2

マスコット人形の大きさにはビックリしましたよ。高さ5メートルくらいあるんですよ。

f:id:BQE04157:20141007171150j:plain

で、これです。
体操試合会場の駐バイクエリアにあるスクーターを見て驚きました。

4,50台くらいがズラーーっと並んだ駐バイクエリア。

ベトナムなどのバイク王国では「ホンダ」「スズキ」「ヤマハ」「カワサキ

などが目に入りますし、ほぼそのあたりで埋め尽くされてますが、

中国・南寧ではなんと!

同じメーカーのものを探すのが難しいくらい、バイクメーカーが百花繚乱!

f:id:BQE04157:20141019130000j:plain

性能も良さそうに見えますね。

f:id:BQE04157:20141019125959j:plain

f:id:BQE04157:20141019125957j:plain

これは簡単な作り。

f:id:BQE04157:20141019125953j:plain

f:id:BQE04157:20141019125950j:plain

f:id:BQE04157:20141019125959j:plain

バイクメーカーいっぱい。

f:id:BQE04157:20141019125957j:plain

 

f:id:BQE04157:20141019125950j:plain

写真おおくてスミマセン。

あと10枚くらいです。

f:id:BQE04157:20141019125947j:plain

 

広州五羊というメーカーは比較的多く目にしました

f:id:BQE04157:20141019125945j:plain

富士通みたいな名前

 

f:id:BQE04157:20141019125942j:plain

小野 と書いて「おのう」と読ませるんですかね

このメーカーも2台ありました。ピンク色です。

f:id:BQE04157:20141019125938j:plain

f:id:BQE04157:20141019125936j:plain

f:id:BQE04157:20141019125935j:plain

f:id:BQE04157:20141019125934j:plain

f:id:BQE04157:20141019125929j:plain

 

どれが最王手なのかまったくわからず。

 

f:id:BQE04157:20141019125927j:plain

f:id:BQE04157:20141019125925j:plain

f:id:BQE04157:20141019125920j:plain

f:id:BQE04157:20141019125912j:plain

 

本太郎、です。

 

f:id:BQE04157:20141019125907j:plain

写真おおすぎてスミマセン。

でもこれ、わずか4,50台のエリアで見たスクーターなんです。

こんなにいろいろあるんですよ・・・

中国経済に「競争社会」ならではの勢いや健全さがあることを実感するとともに、

・・・安全基準や排出ガス基準なんかなさそうだな・・・

じめーっとした気持ちになりました。気づけば、空気は白く霞んでいました。

 

中国政府も、相当危惧してますよ。だって、試合会場内にはこんな乗り物が。

f:id:BQE04157:20141011182916j:plain

シェア自転車です。南寧市内でも見かけました。でも実際に乗っている人は

一度も見ませんでした(汗)

オマケ↓

f:id:BQE04157:20141013081154j:plain

南寧空港で見つけた広告。

左から 劉特ウェン、馬龍、張継科、丁寧の各選手たち。(だと思います違っていたらご指摘下さい)人気有るんですね!

 

体操世界選手権@南寧は驚きの連続

行ってきました。南寧の体操世界選手権。

f:id:BQE04157:20141007165944j:plain

予算は1億元(約18億円)

ボランティア900人

連日の大盛況

f:id:BQE04157:20141007170815j:plain

マスコットのナンナンNangnangとニンニンNingning

驚きの連続というのは、まず南寧空港についたときです。

f:id:BQE04157:20141006224655j:plain

五輪やサッカーワールドカップ並に、特別ゲートがあり、ウエルカムデスクがあります。
到着ロビーに行くと、大々的なウェルカムデスクがあり、名前を言うと

「待っていましたよ。さあ、行きましょう」

と、笑顔のボランティアにアテンドされて専用車へ。

f:id:BQE04157:20141007170451j:plain

この車でホテルまで行きました。

高速道路の料金所には「世界選手権専用レーン」があり、スムーズ。

真新しい道路はとてもキレイで広く、凸凹ゼロでまったく揺れません!

道路の照明はこれでもかというほど明るい。市内に入る川には翼大橋やベイブリッジみたいな大型の橋が何本も!しかもすごい照明!

f:id:BQE04157:20141007170149j:plain

試合会場はこの図の左上の体育館で行われました。

真ん中はサッカーなどのメイン会場。(陸上トラックがあるのかどうか、聞くのを忘れた・・・)大きさから見ると5万~6万人は入りそうです。水泳場もありますね。
敷地は広いので、ボランティアが運転するカートで移動です。

f:id:BQE04157:20141007181021j:plain

ぜんぜん待たずに、すぐ出発してくれます。このシステムは、広州の空港内で国際線から国内線ターミナルへの移動の方法と同じような感じでした。

f:id:BQE04157:20141007170235j:plain

総合運動場の敷地内にレンタル自転車システムもありました。これは、南寧市内にもあるのですが、稼働率は低そうでした。

f:id:BQE04157:20141007160322j:plain

プレスセンターです。

f:id:BQE04157:20141007162128j:plain

これは記者席から見た試合会場。

f:id:BQE04157:20141007181947j:plain

ビュッフェ形式の昼食・夕食は10元!! 

200円以下です。格安で大助かりでした。

f:id:BQE04157:20141007170216j:plain

お土産ですね。これは180元くらいしてました。

3500円くらいですから、安くないですね。

f:id:BQE04157:20141009182854j:plain

そして、中国体操界の元祖スーパースターであり、実業家としても大成功の

李寧さんのスポーツブランド「リーニン スポーツ」が今回のアパレルサプライヤーで、ボランティアのウエアなどはこちらのものでした。
李寧さんはここの出身のようです。

南寧には「リーニン スポーツパーク」なる、強化の拠点があります。

会場のコンコースにはお店のブースも。

わたしもポロシャツをゲット。3500円くらい。

f:id:BQE04157:20141007171321j:plain

かなり巨大です。

これがもう一対、試合会場の入口にもありました。

南寧市内に張られているポスターや看板など、何枚あるんだというくらい、本当に広い街全体が体操一色でした。

南寧・・・行く前は聞いたことがなく、行ったことのある人もほとんどおらず、「人口650万人だけど、何もない田舎ですよ」なんて聞いていたのに、

実際に行ったら仰天の連続でした。空港はこの大会に向けて新しくなったということでぴかぴか&巨大だし。

市民の服装はおしゃれだし。経済力有りそうだし。

 

国際サッカー連盟のグランディ会長は「最高のホスピタリティー、最高のトランスポーテーションだ」と言っていましたが、ほんと、その通りです。

中国の組織委員会委員長は「政府の全面的な支援により、本大会は開催された」と

胸を張ってました。確かに、すごい援助されているのを感じました。

 

でも。。。

「最高の大会」ではないんですよね。。。

採点はまた別に置くとして、たとえばインターネットの検閲問題とか、

あれやら、これやら。北京に比べたら全然ましですが、

大気汚染も確実に進行しているのを感じました。

昼間はもやっています。日本や欧米からの記者は、だいたいのどをやられて、

咳をしてました。

 

地球の未来図ですね。怖さがあります。

 

仁川アジア大会を取材しました

仁川アジア大会

1994年広島アジア大会、1998年バンコクアジア大会以来

16年ぶり3度目のアジア大会取材・・・(汗)

f:id:BQE04157:20141003150935j:plain

広島アジア大会では伊達公子さんの金メダルなど、テニス、陸上などなどを取材。
バンコクアジア大会は陸上男子100メートルの伊東浩司さんの「幻の9秒99」を見たほか、伊東さんの金メダル&大会MVPを取材。

女子マラソン高橋尚子さんのぶっちぎり金メダルも。

競泳の中村真衣ちゃん、田中雅美ちゃん、ハギトモ・・・みんな大活躍でした。

f:id:BQE04157:20141001101223j:plain

こちらはメインプレスセンターの入口にある巨大マスコット。

写真は失敗ですね。サイズ感が伝わりません。人の身長くらいあります。

f:id:BQE04157:20140925131518j:plain

インプレスセンターのワーキングエリア。

五輪に比べて、インド、インドネシア、タイ、中東の記者がいるのが目立ちます。

韓国は通信速度が抜群に速いです。

大会運営の不備がいろいろ指摘されている中、実際にトランスポーテーションなどは

劣悪ですが、通信環境は最高です!

f:id:BQE04157:20141002153137j:plain

こちらはMPCの食堂で食べたビビンバ。
7000ウォンです。美味しかったですよ!
五輪ではどこへ行ってもマクドナルドが中心ですが、仁川では韓国フードが多かったです。

f:id:BQE04157:20141001100052j:plain

こういう菓子パンをふんだんにふるまってくれるのはありがたい。

片手で食べられて、手が汚れず、ある程度腹持ちする。

取材記者にとってはありがたい条件です。

f:id:BQE04157:20140928154420j:plain

上でも書きましたが、大会運営はよろしくないことが多発でしたね。

この写真は男子サッカー日韓戦のキックオフ一時間20分前のスタジアム前。

f:id:BQE04157:20140928154523j:plain

こちらもキックオフ1時間20分前のスタジアム正面チケットブース。

この時間で数千人がチケット売り場に並んでいました。

当然、キックオフ前に全員をさばけず、ハーフタイムまでどんどん入場者が来るほどでした。

いろいろあった仁川アジア大会

そろそろ閉幕ですね。皆さん、お疲れ様です!